海外派遣帰国者の声(勤労青少年協会)
協会概要
法人成立のきっかけ
そしてこれから
活動報告
役員・評議員・定款
会員募集
リンク
お知らせ
 
次世代育成支援事業
・講演会のお知らせ
・海外派遣のお知らせ

当協会の活動、運営のご支援をお願い申し上げます

海外派遣帰国者の声

平成27年度ニューヨークプログラム
集合写真 夜景 集合写真
レストラン日本で・倉岡社長夫妻と
ニューヨーク在住アメリカ人の若者たちと
8月24日
大きなハンバーグを前に 勤労青少年協会
集合写真 夜景 集合写真
在ニューヨーク総領事館 首席領事 宮川学様と 国連本部会議室にて
集合写真 夜景 集合写真
シェラトンホテルで グランドセントラル駅 マンハッタンの夜景・ロックフェラービルの展望台から


鈴木 一功

 人生初のアメリカ…しかもニューヨークという経済の発信源や流行の最先端の街に降り立ち、期待と興奮に胸躍らせながら今回の視察が始まりました。

 ロックフェラーセンターやエンパイア・ステート・ビル、自由の女神像といったニューヨークの象徴を目の当たりにし、マンハッタンの街並みに圧倒されながらも、エリス島の移民博物館やメトロポリタン美術館といったアメリカの歴史や文化を学ぶことができました。

また、国連本部や日本領事館など、日本国として世界の国々を相手に日夜励んで頂いている場所を見たりお話しを聞いたりして、こうして日本や海外でも安心して生活できることの有り難さを実感しました。

 今回の視察旅行を機に、今後の人生において、まずは少しでも日本の人々や社会の役に立てるよう信念を持って仕事に励んでいくことを心掛けていきます。

 最後になりましたが、今回お世話になった全ての方々に感謝と御礼を申し上げます。本当に有難うございました。

国連 写真 写真
ウエストポート 大きなハンバーグを前に 朝市


榎本 大昭

 今回の視察旅行でまず初めに思ったことはビルや人がとても大きく、道がずっとまっすぐだということです。どこを見てもそう感じました。街中どこもそうで、一人だと迷子になってしまいそうでした。また色んな人種の人がいると感じました。黒人、白人、黄色人種、色んなファッションの人が街中にいました。日本と大きく違いました。日本では他の人種がいるだけで注目されてしまいますが、ニューヨークでは普通でした。本や人から聞いてある程度知っていたのですが、実際見てみるのとでは、全く違いました。

 メトロポリタン美術館の大きさにはビックリしました。大きすぎて建物内で迷子になりました。部屋全てに絵画や彫刻などが置いてあり、全てが歴史ある価値のあるものばかりでした。好きな人は1日中いてもあきないんだろうなと思いました。

 最後に国連で英語で説明していただいたのですが、ほとんど分からなく、英語をもっと理解したかったです。

国連 集合写真 集合
グランドセントラル 国連本部会議室にて ウエストポートに向けて


桃井 愛貴

 私は、今回初めての海外視察で緊張しておりましたが、皆様のおかげで素晴らしい1週間となりました。

 病院に勤務しており、エリス島の移民博物館には大変興味がありました。差別の問題 や伝染病の疑いのある方がここで検査を受け、違う場所で治療をし治らなければ国へ 帰されるとの事でした。また、2日目の夕飯や4日目のホストファミリー訪問では ニューヨーク在住の方とお話しする機会を頂けて嬉しかったです。英語で上手く話せ ないところがありましたが、優しく対応してくださり、彼らの優しさがとても嬉し かったです。また、通訳や情報を事前に知る事で理解がしやすかったです。

 ニューヨークでは、行く先々で持ち物検査があったり、教養が高かったり、様々な宗 教の方が訪れているなどニューヨークの街並みや文化に触れる事ができました。大変 楽しく、充実した海外視察となりました。私も英語を勉強してコミュニケーションが 取れるようになりたいと思いました。またリハビリテーションの分野を引き続き勉強 していきたいと思います。貴重な経験をありがとうごさいました。

外人 外人 外人
ホームビジット
外人 外人 ホームステイ
ホームビジット ワシントン・アービンの家


古舘 侑子

 ニューヨーク視察に参加し、普段では、行く事の出来ない日本総領事館、国連本部を訪問出来た事は素晴らしい経験となりました。領事館の存在意義とは何なのか?日本人がニューヨークで安全に生活、ビジネスが行えている背景には、領事館の存在がと ても重要となっている事を理解致しました。

 メトロポリタン美術館では、作成者の心情が一つ一つの作品にあらわれており、作成者は、"どんな思いで作成し、どんな事を後世に伝えたいのか"、とても興味深いものとなりました。

 私は現在、社会人として人に携わる仕事をしています。普段から対象者と関わるうえで、日々の変化に注目していますが、グローバルな視点からみていく重要性を改めて感じる事が出来ました。

 他国の方とふれあい、関わる事で文化の違いや価値観の違いを自らの肌で感じました。とても充実した素晴らしい機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。

写真 写真 写真
国連本部会議室にて 朝のニュース番組(生中継) ウルフギャングにて


安福 香花

 今回の旅ではニューヨークの有名な場所へ行けただけではなく、領事館や国連などの
普段は行くことのできない所へも行けてとても刺激を受けました。

 移動時間中に感じたことは、日本では電車に乗っていると乗客はほぼ日本人ですが、ニューヨークの地下鉄では色々な人種や宗教の人がいて、それぞれを受け入れあっているということです。日本に慣れている私にはすごく新鮮でした。さらに、地下鉄の駅で人の少ない所にいるといきなり刺されることもあるということを聞き、日本との違いに驚きました。

 私は暮らしやすさでは日本の方が勝ると思いましたが、常に時代の最先端にある
ニューヨークの街並みや、どんな人でもウェルカムな考え方にとても感動しました。

地下 地下 地下
地下鉄にて


赤堀 正浩

 初めての海外ということもあり、最初は緊張していましたが、原さんをはじめグループのメンバーが雰囲気を盛り上げてくれたので、楽しい時間を過ごすことが出来ました。 日本では味わうことの出来ないニューヨークならではの面白いデザインの街並みやボリューム満点の食事も堪能しました。

 ミュージカルでは見事な歌声と仕掛けの豊富さに感動しました。詳しく解説もしていただき、内容を理解できたので嬉しかったです。

 普段は中に入ることの出来ない領事館でお話を伺うことができ、貴重な経験となりました。

 また、アメリカの同年代の方とも話す機会があり、拙い英語でしたが、きさくに会話をしてくれて嬉しかったです。英語のスピーキング力を鍛え、今度来日した際にはぜひ東京観光をサポートしたいです。ぜひまた参加したい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

美術館 美術館 美術館
メトロポリタン美術館にて
美術館 コロンビア 美術館
メトロポリタン美術館 コロンビア大学 メトロポリタン美術館
帰国 帰国 帰国
ホテルロビーで ホテルを出発 日本に向けて(JFK空港)


copyright(c) 2014 一般財団法人 勤労青少年協会
トップ   事業計画   法人成立のきっかけそしてこれから   活動報告   役員・評議員・定款   会員募集   リンク   お知らせ